CGI エロマンティック Fの悲劇
FC2ブログ
エロマンティック
31歳、未貫通。トンネルを抜けたら、そこは雪国。処女(あたし)だってエログが書きたい!
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←母さん、あたしエログの中のエログを書く!(週一くらいで)




Fの悲劇

どーもどーもどーも。
いやーこの処女のエログもね、もう毎回ね、エロスてんこ盛りでやってるわけですけども。
蔵出し丸出し全部のせみたいな風格醸し出してるわけですけども。

今日はね、エロイよ。
鼻の下、伸びること請け合い。


だって、何といっても今日は、男性陣待ってましたの、フェ・・フェ・・えーっと・・
言うなれば、至極私的な男女の縦笛っつーの?オカリナっつーの?尺八っつーの?アレについて。

アレについて処女なりに語ってみようかなって。


まずね、もう前回から口酸っぱくして言ってっけども、風呂には入ったのかっつーとこね。
これ基本。

まずね、あの辺一帯は人体一の匂いゾーンですから。
エイトフォーの踏み込めない禁断のフレグランスジャングルですから。

もうね、ちゃんと拭いてるヨーとか弁解の余地ないですから、じゃあおめぇは
ウンコ盛った茶碗をティッシュで拭いてご飯食えるのかつーとこから学級会ですから。

でもね、それについてはもう前回語りつくして、みんなよぉーく分かってくれたって思ってる。
信じてる。

だから今日は、それを踏まえた上での、二人で奏でるセッション尺八(略して「二人の尺八」)の話。


くわえることは正直、全然嫌じゃない。
私なんかね、自他共に認めるちょっとした大食いなわけ。
フランクフルトとか3口でいけるわけ。
だから正直、勝ったも同然みたいなとこ、あるよね。

もうね、自称馬主だろうと、黒い巨塔だろうと、隆々とそそり立つ彼自身だろうが、
ドンと来いって胸張って言える。


ところがね、聞くところによるとね、
『歯、立てるな』
とか言う?言うの?言っちゃった?


えーっと、そんな発言に心当たりのある男性に伺いますけど、それって人体構造学的に可能なの?解剖学的に正しいの?

あたしなんかね、試しにあーんって大口開けますとね、
やっぱ唇よりね前歯が下に出てくるわけですよ。
噛む気満々なわけ。
むしろそのために生まれてきたつっても過言ではないわけ。
食事なんかする時にもね、唇に触れてて歯に触れないなんて食べもんは皆無ですよ。

そんなわけで、えーっと『歯を当てるな』でしたっけ?
あのさー、おたくの彼女、もしかして総入れ歯?
それよく見た?確認した?下手すると年齢サバ読んでる確率あるかんね。


と、言いつつも、ほら、私ってば結構努力家を地で行くとこってあるじゃないですか?

やってみた。

唇で歯隠して当たらないような顔してみた。

これね、男性も是非やって。男性こそ是非やって。



ね?



確実に松嶋奈々子じゃないでしょ?
合コンでこんな顔した子いたら、とりあえず家庭の事情とか聞いちゃうよね。
私なんてね、思わず「お国は?」なんて聞いちゃうよね。
絶対に只事ではないよね、彼女の持つ心の闇に迫っちゃうよね。
で、最後は適当に巻いて、他の女子と2次会に消えるよね。


そういうね、顔をね、させてるってこと、
せざるを得ないってことをね、忘れちゃいけないって、思う。
それをみんなに是非考えてほしい。


でもね、私も女。
好きな人のためなら火の中 水の中 口の中飛び込んで行くよ。
しかもやるとなったら、もうねマスタークラスになりたいわけ。

私が愛の尺八を披露するだけで、男性陣はもう
『匠だ!匠がいる!』
って思って欲しいわけです。
でね私の葬式とかにはね、私に世話になった男性陣たちが涙を浮かべながら、巨匠!って思うわけですよ。なんならクロサワって呼んでもいい。

ってことまで想定して、ググルってみたわけです。
ITご時勢ですかね、インターネットに無い情報はないわけですからね。

でね、一通り見たよ。
教本をね。みんなのバイエルみたいなやつ。
やる気だったよ。天下取る気だったよ。
でも・・えーっと・・あたし・・



とても一代では成せそうにない。

孫の代では何とか・・。


だってねーだってねー、口を上下に動かしながら舌をリズム的に回転させ尚且つ口内を陰圧に保ち吸い上げつつ、右手で尺八野郎を一定のリズムで動かしつつ左手で袋を優しくマッサージとか言うんですよ、もうっ猫の手も借りたい。

テンパルもいいとこですよ。

私ね、常々ね、エレクトーンとかね、弾いてる人すげーって思ってるわけ。
ピアノ弾きながら、足のことなんて考えてられないじゃないですか。
つーかね、右手で○描きながら左手で□描く人だって尊敬した。
私たいていどっちもやってるうちに○になっちゃいますからね。

だからね、もう舌をリズム的に回転させてる時は残念ながら首も回ってしまうと思いますし、口を上下に動かしてる間は、申し訳ないけど袋も上下に引っ張ってると思うんですよ。

しかも、そんなことに夢中になってたら、絶対に歯は思いっきり出張ってると思うんですよ。


だから、世の女性はすげーなって。
すげーことを成し遂げてるし、その努力はヤワラを超えるって思ったわけ。
愛する人のために、そこまで・・涙なくして語れない。
愛は世界を救うって、救いまくりだなって。


でね、感動しつつ最後までその教本を読み進めてくとね、


『男性はデリケートな生き物、少しでも痛いと気分が乗らなくなっちゃうから注意☆』


ってね、書いてあってね、うん・・



私はね、もうねいつかこの事が引き金となって戦争が起きてもおかしくないって思いました。



よし、エログだ。


スポンサーサイト
[PR]


 ←母さん、あたしエログの中のエログを書く!(週一くらいで)






プロフィール

加藤はいね

  • Author:加藤はいね
  • 『私の考える初夜』

    「あれ?しないの?」
    「え?してんじゃん?」

    「え・・・これ?・・え?」
    「あー、おまえテレビの見過ぎ。あんなこと普通しねぇって」

    「あ、そうなの?」
    「常識的に考えてみろよ。あんなんできるわけねーじゃん」

    「でも、本とかにも書いてあったし」
    「おまえさーバカだな。ドラえもんとかみて、竹とんぼ頭に付けようと思うのか?」

    「つけるわけないじゃん!つかないし!」
    「だろ?」

    「そっかー」
    「でもびびった。いまどき、本当にSEXとか信じてる奴がいるなんてなー」

    「もーっいいじゃん、うるさいなぁ。・・じゃあ、どうすんの?」
    「手、かして」

    「ん、・・繋いでどうすんの?」
    「祈んの」

    「え・・それだけ?」
    「それだけってなーっ!男はそれ言われんの一番ショックなんだからな」

    「あ、ごめん。つーか神社とかでもよく祈るし」
    「エロイなー、1人でやってんの?」

    「1人!あ、あれが、そうなの・・」
    「まぁみんなやってるしな」

    「つーかさ、じゃあ、これは何に使うの?ゴム。出番無しじゃん」
    「バッカ、これから使うんだよ」

    「どうやって?」
    「膨らまして飛ばすんだよ」

    「・・え・・なんで?」
    「そりゃ、おめでとーって」

    「おもしろそう!是非あたしにやらせて!」
    「お、結構積極的。いいけどウチさー壁薄いから声抑えてな」

    「オッケーオッケー」
    「じゃあ、せーの」

    『(小声で)おめでとー』

     
       ピュー



              END




    ←メールでも…


最近の記事


ブログ内検索


RSSフィード


お暇ならHPでも


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。