CGI エロマンティック 下半身が30年フリーザなんですけど、おもちゃを見てたらスカウタ―が壊れた。
FC2ブログ
エロマンティック
31歳、未貫通。トンネルを抜けたら、そこは雪国。処女(あたし)だってエログが書きたい!
下半身が30年フリーザなんですけど、おもちゃを見てたらスカウタ―が壊れた。

一生懸命、就職活動してるんですが、
いまだ、股間がニート。

股間が「なんか仕事ないー?」つってる。

30年間、就職難。

上半身はかろうじて看護師って職業についてみたんだけど、
下半身がね部屋から全然出てこない。

私の股間にもラプンツェルいた。
こっちのラプンツェルはね、割と平屋にいるんですけど、まさかの孤立。
今年こそ、私の股間の冒険活劇もディズニーに手掛けてほしい。

前に小説のベッドシーンで「ビロードのような膜を」みたいなこと書かれてたけど、
私のビロードのね保存状態がね、気になるわけです。
エイヒレみたくなっちゃってないかなって危惧してるわけです。


もうね、正直30歳。いい大人です。なんだったら原子炉の格納容器の絵だって書ける。
頼れるものは、もう自分しかいない。

人間ってのはさ、道具をつかって火をおこすとともにレボリューションをおこしてきた。

人間の進化といえば、道具なわけです。
ならば、ここで私もね、道具の恩恵に授かってみてはどうか、と。
道具を使って、このくすぶった下半身に火をかかげてみようか、と。

「民衆を導く自由の女神」(ウジェーヌ・ドラクロワ)くらいの勢いでね、
旗を掲げてアダルトグッズサイトにアクセスしたんですけど。


フランス革命、ここで起きてた。超 起きてた。


その中でも、私をくぎ付けにしたイチオシ商品がコレ!

TENGA


完全になる殿方用なんですが。
もうね、一言で言うなら、至れり尽くせり。

そんな、内部構造がこちら。


TENGA2


ラピュタ人が作ったのかと思った。


もうね、これを見て、本気で男になりたくなった。
パズーでもいい、ムスカでもいい。
そっちチームの仕事のクオリティーがね、天空に浮かんでいいレベル。


んで、かたや 女子チームですよ。

私たちの親愛なるメンバーを紹介するぜ。
えいっ!


V


…う…うん…。
あれかな?
軽く地球を侵略しにきたかな?

全部合わさって、ガンダムとかになるんじゃない?
前に、火星とかにいたよね?



もー、やだ・・・。
こんな不平等ってない。


ハードルが、もうえらいことになってるわけ。
女子の方のハードルが。

これはさ、ジャンルとして「慰め」とかじゃないよね。
確実に「挑戦」とか「超人技」とかの部類だよね。
なんなら大みそかに戦うレベルのやつだよね。
「出てこいやー」って高田さんに呼ばれて出てくるやつだよね。


もうね、全く挑む気にならないわけですよ。

極太とか、なんならカチカチとかね、
どこ目指してんだ、と。
工具か、と。

もー危ない。

銀行強盗がそれ持ってきたら、金庫開けちゃうよ、私。

なんなら、江戸時代とか、それで切腹した人 何人かいるんじゃない?


これはさ、正気の沙汰じゃない。

私のラプンツェルをどんだけ過大評価してくれてんのか知んないけど、
作りがね、割とねダイナミック。

もうさー、
その分岐点いる?分かれ道、必要だった?
左に行った奴、迷子になっちゃってない?

30年間、ずっと見守らせてきてもらった者として言わせてもらえば、
そこは完全に1本道。


あとね、君ら全員ね、もう、超かさばってっから。

男性サイドの方とか、もうさ、完全にオシャレ。
玄関とかに置いてあっても、洗面台に置いてあっても、
むしろ好感が持てる。さわやか。

かたや、女子サイド。

絶対、玄関とかに置けない。
すごい存在感。
大阪万博で似てるやつ見た。
パビリオンって呼ばれたことない?


という感じで、ハラハラしながらね、
平屋のラプンツェルとアダルトサイトを冒険活劇したんですけど、

やっぱあれだね、おうちが一番だよね!

安全第一でいこうってね、確認しました。


スポンサーサイト
[PR]

[PR]


 ←母さん、あたしエログの中のエログを書く!(週一くらいで)






プロフィール

加藤はいね

  • Author:加藤はいね
  • 『私の考える初夜』

    「あれ?しないの?」
    「え?してんじゃん?」

    「え・・・これ?・・え?」
    「あー、おまえテレビの見過ぎ。あんなこと普通しねぇって」

    「あ、そうなの?」
    「常識的に考えてみろよ。あんなんできるわけねーじゃん」

    「でも、本とかにも書いてあったし」
    「おまえさーバカだな。ドラえもんとかみて、竹とんぼ頭に付けようと思うのか?」

    「つけるわけないじゃん!つかないし!」
    「だろ?」

    「そっかー」
    「でもびびった。いまどき、本当にSEXとか信じてる奴がいるなんてなー」

    「もーっいいじゃん、うるさいなぁ。・・じゃあ、どうすんの?」
    「手、かして」

    「ん、・・繋いでどうすんの?」
    「祈んの」

    「え・・それだけ?」
    「それだけってなーっ!男はそれ言われんの一番ショックなんだからな」

    「あ、ごめん。つーか神社とかでもよく祈るし」
    「エロイなー、1人でやってんの?」

    「1人!あ、あれが、そうなの・・」
    「まぁみんなやってるしな」

    「つーかさ、じゃあ、これは何に使うの?ゴム。出番無しじゃん」
    「バッカ、これから使うんだよ」

    「どうやって?」
    「膨らまして飛ばすんだよ」

    「・・え・・なんで?」
    「そりゃ、おめでとーって」

    「おもしろそう!是非あたしにやらせて!」
    「お、結構積極的。いいけどウチさー壁薄いから声抑えてな」

    「オッケーオッケー」
    「じゃあ、せーの」

    『(小声で)おめでとー』

     
       ピュー



              END




    ←メールでも…


最近の記事


ブログ内検索


RSSフィード


お暇ならHPでも