CGI エロマンティック 本当にあった怖い話
FC2ブログ
エロマンティック
31歳、未貫通。トンネルを抜けたら、そこは雪国。処女(あたし)だってエログが書きたい!
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ←母さん、あたしエログの中のエログを書く!(週一くらいで)




本当にあった怖い話

「ねえ、加藤さん、噂・・・きいた?」

「噂?知らない。聞かせて」

「あの使われてない旧校舎の教室で、2組の子が見たんだって」

「(ゴクリ)見たって、まさか・・あの・・」

「うん、セックス」

「うそー!セックスって本当に見えるの?」

「どうやら、見えたらしいよ。確か加藤さん信じてなかったよね?」

「信じてない。私、セックスとか一回も見たことないし。見間違いじゃない?プラズマじゃない?」

「そう思って、私も昨日、旧校舎に行ったの・・・」

「えー!行ったの?で?で?」

「そしたら、なんか、廊下歩いてたら、使われてないはずの教室から・・・女の人の声が」

「こわー!」

「なんか、こう、すすり泣く、みたいな」

「そ、それ、マジじゃん?マジのセックスじゃん!」

「でね、私勇気出して、覗いてみたの」

「100%勇気!」

「うん。そしたら何か、薄暗い教室で、なんか動いてるのが、うっすら見えて」

「こわー!こわー!」

「なんか、女の人が倒れていて・・」

「ヒー」

「で、その女の人の上に、男が覆いかぶさるように・・」

「男ー!男って、あの 男のこと?!」

「うん、見た。あれは多分、男だった」

「こわー!男って本当にこの世にいたんだ・・・もう、おちおち夜も眠れないよ」

「で、私、もうセックス見ちゃった!って思って、一目散に逃げたんだけど・・・」

「うん」

「・・でも、なんか家に帰ってきたら、雨も降ってないのに、パンツがびしょ濡れで」

「それ、セックスのしわざだよ!!!」

「どうしよう、加藤さん!私、呪われちゃったかもしれない!!」

「こわー!
 でもセックスを見ると、数年以内にセックスされるっていうあんな呪いなんてインチキだよ!」

「でも、もしセックスになったら、お腹が腫れあがって、
 下半身から得体の知れない生き物が出てきたりするんでしょ?どうしよう・・」

「・・・あ、でも確か、守りの呪文があったはず・・」

「・・・なんだっけ?」

「「今度、産む」!だよ!これを何回も唱えるんだよ!」

「そっか、わかった!加藤さんも気をつけてね!」


あれから数十年。
何人もの友達が、セックスにとりつかれてしまった。

私がいままで、29年もの間、セックスに関わらず平和に暮らしてこれたのは奇跡としか言えない。

でも、もう、私の大事な仲間たちだけがセックスに関わっていくのを見たくはない。
私も戦う!

私は、ついに立ち上がることを決めたのだ!

出てこいセックス!さあこいセックス!かかってこいセックス!今年中に来い!今年で30だよ!



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]


 ←母さん、あたしエログの中のエログを書く!(週一くらいで)






プロフィール

加藤はいね

  • Author:加藤はいね
  • 『私の考える初夜』

    「あれ?しないの?」
    「え?してんじゃん?」

    「え・・・これ?・・え?」
    「あー、おまえテレビの見過ぎ。あんなこと普通しねぇって」

    「あ、そうなの?」
    「常識的に考えてみろよ。あんなんできるわけねーじゃん」

    「でも、本とかにも書いてあったし」
    「おまえさーバカだな。ドラえもんとかみて、竹とんぼ頭に付けようと思うのか?」

    「つけるわけないじゃん!つかないし!」
    「だろ?」

    「そっかー」
    「でもびびった。いまどき、本当にSEXとか信じてる奴がいるなんてなー」

    「もーっいいじゃん、うるさいなぁ。・・じゃあ、どうすんの?」
    「手、かして」

    「ん、・・繋いでどうすんの?」
    「祈んの」

    「え・・それだけ?」
    「それだけってなーっ!男はそれ言われんの一番ショックなんだからな」

    「あ、ごめん。つーか神社とかでもよく祈るし」
    「エロイなー、1人でやってんの?」

    「1人!あ、あれが、そうなの・・」
    「まぁみんなやってるしな」

    「つーかさ、じゃあ、これは何に使うの?ゴム。出番無しじゃん」
    「バッカ、これから使うんだよ」

    「どうやって?」
    「膨らまして飛ばすんだよ」

    「・・え・・なんで?」
    「そりゃ、おめでとーって」

    「おもしろそう!是非あたしにやらせて!」
    「お、結構積極的。いいけどウチさー壁薄いから声抑えてな」

    「オッケーオッケー」
    「じゃあ、せーの」

    『(小声で)おめでとー』

     
       ピュー



              END




    ←メールでも…


最近の記事


ブログ内検索


RSSフィード


お暇ならHPでも


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。